スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同じ釜の飯

友人一家がキャンプにはまっておりまして、この土日は我が家の近所のキャンプサイトに遊びに来ておりました。
土曜の夜から日曜の夕方6時半まで仕事のため、日曜の夜の晩ご飯にだけ参加してきました。

二晩目のキャンプに、子供たちが早いおねむで、月や雲の動きを眺めながら、電気の無い生活のむかしばなしに、つい長居をしてしまいました。


アフリカでの最初の1年ばかり、ケロシンランプ…灯油のランタンで暮らしていました。
かろうじて文字は読めますが、食事にはいまいちな明るさです。
2~3日に一回は火屋を掃除しないと煤で暗くなる、中国製の渋いものでした。
灯りがないため、暗くなる前に晩ご飯の支度をするのがいつもの暮らし。
赤道に近い地帯は、一年中夕方6時頃に日没、朝6時頃に日の出を迎えます。
季節感はありませんが、夜が長い時期にやることが無くて時間をもてあますようなこともありません。7時頃には晩ご飯を食べ終わり、ラジオを聴いたり、灯りの位置を工夫して本を読んだり、そんな一年をすごしました。
手洗いで洗濯をし、買い物に行き、3度の食事の準備をすると一日はあっという間に終わるような日々です。
炊飯器も洗濯機も冷蔵庫も使えないのだから。

実を言えば、ケロシン冷蔵庫というものをもってはいたのですが、上手に使えず中のものをダメにしてしまうorzため、無いのといっしょでした。
この冷蔵庫、煙は出るし週に一度は煙突掃除がいるしで、好きになって面倒見てやらないとどうしようもないというのが実感です。


二年目は都市部に引っ越し、電気のある生活になりました。家電がないのは相変わらずで、音源と光源が確保できたというレベルでしたが。

友人はその当時からのつきあいで、会うたびにそんな思い出話が尽きません。同じ釜の飯、とは言いますが、また同じ釜の飯を食べてきたキャンプでした。

 







ご飯を食べたら帰る予定で、「テントがもう一張りあるから泊まっちゃえ」の甘い誘いに動じはしなかったのですが、時間がたつのが早い夜でした。
お互いに現状に煮詰まってるから、思い出話に逃げているのかも。この日は、早々に寝落ちしてしまいました。
突破口は、家の改造にありそうです。友人を巻き込んで、大工仕事をする予定 ^^b
スポンサーサイト

「同じ釜の飯 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「同じ釜の飯 」へのトラックバック

http://2007lalaloo.blog41.fc2.com/tb.php/46-4be87784

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

pavaro

Author:pavaro
赤石 水鯖の藤原鹿毛 パヴァロ のブログです。

目標:全キャラ育成&LV1000キャラ…

道なお通しorz

ブログ内検索

PikaPika_Atlantis

Present's by
Sun Eternity

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。