スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もろいもの












こだま・ひびきを聞きながら、昨日は笑いながら帰宅。









職場に着いて間もない7時10分、外線がかかった。
「様子がおかしいから来て欲しい。」
10分後、
「いつもとぜんぜん違うからすぐに来てください。」
予定通りに私が向かい、居残りの同僚がERに連絡を取る。

車椅子で搬送予定だったが、起こしてみようにも座位が保てない。
連絡を取り合い119番。
通りに出て救急車を待っていたのはわずか5分。
到着すると同時か直前に心肺停止。
救急隊員が人工呼吸をしつつERへ移送。
そこからはルーティンワークに戻った。

心臓は鼓動を再開したものの、正午ころに旅立っていかれたそうだ。

60代、一昨日まで変わりなく過ごされていたが、突然のことだった。

以前は失敬してでも食べたがった方が、最近ごはんを残すようになったのが変化。
一過的なものと信じていたが、旅立ちの予兆となってしまった。

夜に月例ミーティングがあり、終了21時過ぎ。

帰宅の道すがらラジオからこだま・ひびきの漫才。
神戸長田区に住んでいた友人のお母さんが、
「関東の人にはわからんかもしれんけどな、何度聞いても笑うわぁ」
話しながら漫才の最中の表情や内容が浮かんできておかしくておかしくてたまらない。
そのような満面の笑顔で話されていた。
大木こだま・ひびきの漫才を聞くと、彼女の笑顔を必ず思い出す。
友人のご両親は、幸いにもあの震災の中でご無事だった。
しかし、釣りに連れて行ってくれたお父さんは、震災後に透析が困難となり他界されたと聞く。


笑顔がチャーミングなクライアントのおばちゃまも長年にわたり透析を受けられていた。






たまたまの漫才で保たれるバランスもある。


スポンサーサイト

「もろいもの 」へのコメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

「もろいもの 」へのトラックバック

http://2007lalaloo.blog41.fc2.com/tb.php/345-7e0d9fde

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

pavaro

Author:pavaro
赤石 水鯖の藤原鹿毛 パヴァロ のブログです。

目標:全キャラ育成&LV1000キャラ…

道なお通しorz

ブログ内検索

PikaPika_Atlantis

Present's by
Sun Eternity

FC2カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。